建物竣工までの流れ

初回ご相談

すまいについてお気軽にご相談ください。設計に関わる考え方、費用、流れ、工期などご不明の点をご説明いたします。資料をお持ちいただきましたら、敷地環境、法的条件、ご要望を確認して、初回プランを提案します。

                                          

 

設計契約・基本設計

設計契約後、ご要望を詳しく伺い、基本設計に入ります。基本的なプラン・形状を固めるため、図面、模型、CGを用いて提案します。

                                          

 

実施設計

基本設計をもとに、詳細な設計を行い構造、仕上げ、家具、設備・照明等の決定をしていきます。見積りと建物を施工するための詳細な図面を作成します。

                                          

 

見積・確認申請

施工会社に見積依頼をします。内容を比較検討し、調整します。

確認申請もこの段階で進め、協議内容を設計に反映していきます。

建築主の代理者として確認申請をいたします。審査機関(公的機関または民間機関)への申請手数料のお支払いが別途必要となります。

                                          

 

工事契約・工事監理

工事発注先と工事金額の決定後、建築主と施工会社で工事請負契約を結んでいただき、着工します。工期は、建物規模・構造により違いますが、通常の戸建住宅であれば約6〜9ヶ月です。工事費用のお支払いは「工事契約」「上棟」「竣工」時の分割払いが一般的です。工事中は、定期的に現場に出向き、工事が図面内容に即しているかを確認して、現場の状況に対応し、監理を行います。構造事務所とともに随時構造チェックを行います。

                                          

 

竣工・一年点検

審査機関の完了検査、設計者検査、施主検査を経て、引き渡しとなります。引き渡し1年後には、不具合がないか再度訪問し点検いたします。

※ 工事費や設計の変更に対しては変更後に精算させていただきます。

※ 設計監理料の下限を300万円に設定しています。

※ 敷地が遠隔地の場合、交通費をいただく場合があります。

※設計監理料の目安は一般住宅で工事費の14%

​各プロジェクトごと業務内容に応じてお見積します。

設計契約完了時

​設計監理料総額の10%

基本設計完了時

​設計監理料総額の20%

実施設計完了時

​設計監理料総額の30%

確認申請決済時

​設計監理料総額の20%

竣工

​設計監理料総額の20%

Back

© 2019 by Motoi Architecture + Design.