​立科の福祉施設

立科町の福祉の中心を担う、100床の特別養護老人ホームと40名のデイサービスセンターが併設された既存施設の移転増床計画である。敷地は町役場にも程近い、北に浅間山、東に芦田川を望む田畑の只中に位置する。全体構成は木造2階建て、一部RC造・S造となっている。木造(準耐火構造)部分をRC造のEV棟(耐火構造)と渡り廊下を間に挟んでいくつかの棟に区切り、大規模木造建築を実現している。前面道路から700㎜ほど下がった敷地状況もあいまって、ほどよく分節された各棟の屋根がひとつの街並みとも呼べる景観を形づくっている。(かん一級建築士事務所と共同設計)

Back

© 2019 by Motoi Architecture + Design.